[このページについてのご意見、お問い合わせなどはメールにて webmaster@shodanren.gr.jp までお送りください。]

全国消団連・トップページへ戻る


第2回 電源構成の情報開示に関する
アンケートを実施しています

 2016年4月からの電気小売事業の全面自由化にあたり、経済産業省の定めた「電力の小売営業に関する指針」(平成28年1月)において、消費者・需要家の選択に資するために、電源構成と二酸化炭素排出係数を情報開示することが「望ましい行為」とされました。

 そこで2016年5月、登録小売電気事業者の皆様にご協力いただき、アンケートを実施したところ、電源構成等の情報開示をしている(予定している)事業者は、家庭向け小売事業をしている(予定している)事業者の2割強にとどまることなどがわかりました。(結果の詳細はこちら

 今回、電力小売自由化1年を経過した時点の電源構成などの情報開示の状況について、再度アンケート調査を実施しています。内容は以下の通りです。

調査期間 : 2017年5月1日〜5月31日

調査対象 : 電力・ガス取引監視等委員会ホームページの「登録小売電気事業者一覧」に掲載されている事業者のうち、一般家庭向け販売を「予定していない」以外の事業者(アンケート送付事業者一覧

質問項目 : 2017年5月1日時点での家庭向け小売事業の実施状況、電源構成等の情報開示についての実施(検討)状況、開示項目及び方法、需要家からの問い合わせ内容、など。

アンケート結果 : 集計の後、ホームページにて公表いたします(6月下旬予定)。