[このページについてのご意見、お問い合わせなどはメールにて webmaster@shodanren.gr.jp までお送りください。]

全国消団連・トップページへ戻る


「都市ガスの情報開示と料金体系に関するアンケート」
調査を実施しています

 本年4月から都市ガス小売り事業が全面自由化され、新たな事業者の参入が可能となりました。また多くの既存ガス小売り事業者(旧一般ガス事業者)の一般家庭向け都市ガス料金の経過措置料金が解除されました。

 全国消団連では、都市ガス自由化によって、選択できる新規参入があることと共に、消費者が適切に選択出来るよう標準的な料金メニューが公表されること、また都市ガス料金の低廉化は大変重要であると考えます。

 そこで、都市ガスを販売する登録ガス小売事業者の皆様に、情報開示と料金体系の状況についてアンケート調査をさせていただくこととし、現在実施中です。

【調査概要】

調査対象: 都市ガス事業者のうち、公営事業者を除く自由化前の一般ガス事業者(現在の一般ガス導管事業者)(一覧表はこちら
調査期間: 2017年11月28日〜12月22日
結果公表: 2018年1月下旬を予定
質問項目: 標準メニュー・平均的な月額料金・ガス託送料金(相当額)の公表状況、都市ガス自由化以後の料金変更の状況・消費者への周知の方法など